タイトル等
「刀(とう)の芸術」
~人間国宝 宮入行平の名刀を中心に~
会場
井原市立田中美術館
会期
2010-03-27~2010-06-27
休催日
月曜日(ただし、5月3日は開館、5月6日は休館)
開催時間
午前9時~午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般:400円(300円)
65歳以上の高齢者:無料
高校生以下:無料
※( )内は団体20名以上の料金
概要
近代彫刻界の巨匠・平櫛田中(1872-1979)は、多くの美術品を蒐集していました。
そのコレクションは、日本の古い仏像、近代の彫刻、日本画、陶器、拓本、中国絵画、刀など多岐に渡ります。手元に置いて愛でるだけでなく、自分の勉強のためにと、日常の制作の糧にしました。
本展覧会では、田中が旧蔵していた日本刀、彫刻刀を中心に展示いたします。古名刀や制作の参考にしたと思われる新刀の中でも、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝・1963年認定)で、戦後日本を代表する刀匠である宮入行平(1913-1977・本名堅一(けんいち)・初号昭平(あきひら))の作はひときわ目を引きます。
宮入行平は長野県埴科(はにしな)郡坂城(さかき)町で、農具や刃物作りをする鍛冶屋の家に生まれました。1937年上京、栗原彦三郎主宰の日本刀鍛錬伝習所に入門。よい刀を作るにはよい鉄を作ることが必要と考えた宮入は、古い兜、古釘などの鉄を混ぜるなど、さまざまな工夫を行いました。また、様々な古名刀の写しを制作し、地鉄と刃文の研究を深めていき、備前伝に始まり、山城伝、相州伝を次々と究めました。
平櫛田中とは彫金家・後藤年彦を通して小さなお守り刀を依頼したのが縁で親交が始まり、宮入が64歳で逝去するまで絶えることはありませんでした。田中は、宮入の純朴で真剣な人柄を愛し、自らの依頼に応えて鍛刀された井原市・甲山八幡宮への奉納刀を「無論将来国宝とて相成銘刀」と絶賛しています。
本展では、宮入行平の名刀と共に、田中との親交を知ることができる宮入作の彫刻刀、書簡、並びに田中の眼を通して選ばれた古名刀などを展示いたします。

ホームページ
http://www.city.ibara.okayama.jp/denchu_museum/index.html
展覧会問合せ先
0866-62-8787
会場住所
〒715-8601
岡山県井原市井原町315
交通案内
・井原線 井原駅より 徒歩15分

・岡山から JR伯備線(清音乗り換え)~井原線で 井原駅下車
所要時間 約60分

・福山から JR福塩線(神辺乗り換え)~井原線で 井原駅下車
所要時間 約35分~50分

・新幹線ご利用の場合は、JR岡山駅 または 福山駅で下車となります。

・JR笠岡駅前より 井原行バス 駅前通り下車 徒歩5分
所要時間 約30分

・山陽自動車道 笠岡インターより20分
ホームページ
http://www.city.ibara.okayama.jp/denchu_museum/
岡山県井原市井原町315
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索