タイトル等
芭蕉・蕪村 -人と書と絵-
会場
逸翁美術館
会期
2010-04-17~2010-06-27
休催日
毎週月曜日(ただし、5月3日開館、5月6日休館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館受付は4時30分まで)
観覧料
一般1000円 大・高生600円 中学生以下無料
概要
「松尾芭蕉」と「与謝蕪村」という日本を代表する芸術家であり、日本文化の巨星として有名な二人の作品を展示致します。周知の通り二人は偉大な俳句の先生であり、さらに蕪村は絵画の専門家でもありました。
芭蕉と蕪村は江戸時代に活躍しました。ともに中国文化を学び影響を受け、作品を作りだしていました。そして江戸時代の鎖国の時代に生きたからこそ、俳句という日本独特の芸術を生み出すことができたのです。
二人がいかなる芸術を生み出して私たちに残していったかを、その書や絵画を鑑賞しつつ美の表現の違い、遂には人間としての魅力を探ります。
ホームページ
http://www.itsuo-museum.com
展覧会問合せ先
TEL 072‐751‐3865
会場住所
〒563-0058
大阪府池田市栄本町12-27
交通案内
阪急電鉄宝塚線「池田駅」下車、北へ徒歩約10分
ホームページ
http://www.hankyu-bunka.or.jp/
大阪府池田市栄本町12-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索