タイトル等
美しき挑戦 レンピッカ展
会場
Bunkamuraザ・ミュージアム
会期
2010-03-06~2010-05-09
休催日
開催期間中無休
開催時間
10:00~19:00
夜間開館:毎週金・土曜日は21:00まで
(入館は各閉館時間の30分前まで)
観覧料
一般1400(1200)円 大学・高校生1000(800)円 中・小学生700(500)円
*( )内は、前売・団体20名以上の料金
主催者
Bunkamura、日本テレビ放送網、読売新聞東京本社
概要
女性画家タマラ・ド・レンピッカが活動を始めた1920年代。
大胆な風俗が現われ、都会のライフスタイルが確立し、女性が社会に進出しだした時代である。彼女はまさにその実践者であり、その生き様は現代人顔負けの奔放さに溢れ、作品はどれも彼女の分身として、見る者を圧倒する。
画面からはみ出さんばかりの圧倒的な存在感を持つ女性像。筆跡のない金属的な光沢を放つ肉体は、大型のモーターバイクのように官能的だ。鋭いまなざしもその特徴である。たしかにそこには、彼女自身が投影されている。
私生活でもレンピッカは本能の赴くままに生きた女性であった。スポーツカーを乗りこなす恋多き女の相手には女性もいた。画家になったこと自体が、自身が欲したことであり、フォトジェニックな美しさは、その生きる姿勢がもとらした。やりたいことをやる。ただそれだけのことが、しかし必ずしも容易ではないそんな生き方が、レンピッカを、そしてその作品を、輝かせているのである。
本展は日本初公開約30点を含む60点以上の作品で構成されるファン待望のレンピッカ展である。
ホームページ
http://www.bunkamura.co.jp
展覧会問合せ先
03-3477-9111
会場住所
〒150-8507
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
交通案内
【渋谷駅からお越しの場合】

■JR線「渋谷駅」ハチ公口より 徒歩7分
■東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より 徒歩7分
■東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より 徒歩5分

無料シャトルバスのご案内
無料の渋谷駅・宮益坂口(東急東横店)と本店(Bunkamura)との循環バスが、9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転しています。
[本店発 10時~20時15分、東横店発 9時50分~20時]

【神泉駅からお越しの場合】

■京王井の頭線 北口より 徒歩7分
ホームページ
http://www.bunkamura.co.jp/
会場問合せ先
Tel.03・3477・9413
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索