タイトル等
新創記念特別展 第6部 能面の心・装束の華
―物語をうつす姿
会場
根津美術館
会期
2010-06-05~2010-07-04
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200円(1000円) 学生1000円(800円)
()内は20名以上の団体料金/小・中学生以下は無料
概要
日本の伝統芸能「能」は、謡(うたい)や鼓(つづみ)の調べとともに、能面と能装束を身につけた演者によってストーリーが語られていきます。本展では室町時代から江戸時代の男、女、鬼、妖精の能面と、それぞれの面に合った能装束を選び、約30点を展観します。

たとえば「小面(こおもて)」という十代の愛らしい女性の面には、紅色が鮮やかな「紅薄縹段鉄線花唐草模様唐織(べにうすはなだだんてっせんはなからくさもようからおり)」を組み合わせます。そのほか、演目「葵上」「杜若」「敦盛」「猩々」に用いる面と装束を展示するほか、江戸時代初期の優品「茶地立涌雪持模様縫箔(ちゃじたてわくゆきもちもようぬいはく)」も出品し、能ならではの幽玄な美の世界をご紹介します。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索