タイトル等
-光の華-アール・ヌーヴォー・ガラス展
会場
長島美術館
会期
2009-09-15~2009-11-30
休催日
年中無休
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
長島コレクション6室全てご覧頂けます。
一般1000円/高大生800円
小中生400円/シニア(65歳以上)500円
(団体20名様以上は2割引 ※シニア除く)
主催者
長島美術館
概要
この度、当館コレクションより、人気の高いアール・ヌーヴォー・ガラスを3年ぶりにご紹介いたします。
アール・ヌーヴォー(Art Nouveau)は、19世紀末、ヨーロッパを中心として花開いた装飾芸術で、「新しい芸術」を意味しています。科学技術の進歩がめざましく、機械による大量生産品があふれた時代の反動として生まれました。
日本美術からの影響を強く受けており、主に動植物をモチーフとし、有機的で流動的な曲線を用いた表現が特徴です。この優美でダイナミックな様式は、工芸、絵画、建築、室内装飾などあらゆる分野にわたって浸透し、アメリカや日本まで影響を及ぼしました。その中でも中心的役割を果たしたのが、ガラス工芸です。また、その後には幾何学形態を用いた表現の装飾芸術アール・デコ(Art Deco)が発展していきます。
本展覧会では、アール・ヌーヴォー・ガラスの代表的作家であるエミール・ガレとドーム兄弟を中心に、ティファニーのステンドグラス、参考展示としてシュナイダー他のアール・デコ作品あわせて約50点をご覧頂けます。
鋭い観察眼と高い技術で、動植物を美しく情緒豊かに表現したガレと、明快で落ち着いた作風で風景文などに多く秀作を残したドーム。単純明快なデザインが美しいアール・デコ・ガラス。
ガラスの色彩と、光が織りなす世界をお楽しみください。


ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
展覧会問合せ先
長島美術館・099‐250‐5400
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索