タイトル等
マルク・シャガール展「出エジプト記」
会場
高知県立美術館
会期
2009-09-15~2009-11-23
休催日
なし
開催時間
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般350円(280円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※KoMPal会員(年会費5000円)、年間観覧券所持者(2500円)は無料
概要
シャガールの《出エジプト記》は、旧約聖書の一書『出エジプト記』がモティーフになっています。物語の舞台は、絶対君主パロ(ファラオ)が支配する古代エジプト。奴隷として苦しむユダヤ民族を救うためユダヤの神から遣わされた預言者モーゼの超人的な行為を語っています。パロがユダヤ人の赤子を虐殺することを知ったモーゼの母は、ゆりかごにモーゼを入れ川へ流します。モーゼはパロの娘に拾われ、王子として成長しますが、ユダヤ民族の過酷な労働を見兼ね、神の導きによりパロと対決、ユダヤ民族を救いだします。 シャガールは、モーゼが「杖を蛇に変化させる場面」、「エジプトを闇に覆う場面」、「紅海を分断させユダヤ民族を対岸へ逃がし、追撃したエジプト軍を溺死させる場面」、「神から十戒の石板を授かる場面」、そして「ユダヤ人たちが勝手に黄金で牛を作り偶像崇拝する場面」など、象徴的なエピソードを挿絵に取上げました。1941年にナチス・ドイツのユダヤ人虐殺の魔手から逃れ、アメリカヘ亡命した経験をもつシャガールにとって、モーゼの物語は、自分の境遇を思いやる象徴的な存在でした。第二次大戦後の回復した平和と自由の素晴らしさを改めて噛み締め、シャガールの挿画本は高貢さと神秘さをたたえる作品となっています。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索