タイトル等
At/From Tamagawa 1964-2009 多摩川で/多摩川から、アートする
会場
府中市美術館
会期
2009-09-19~2009-11-13
休催日
9月21日・10月12日を除く月曜日、9月24日・10月13日は休館。
開催時間
午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般600(480)円、高校生・大学生300(240)円、小学生・中学生150(120)円
*( )内は20人以上の団体料金
*未就学児及び障害者手帳等をお持ちの方は無料です。
主催者
府中市美術館
概要
現代美術と多摩川の意外な関係をご存知でしょうか。
1960年代以降、前衛美術は美術館や画廊などの既存の空間から、都市や自然へ飛び出しました。この東京・神奈川という大都会の住民にとって身近な自然河川である多摩川は、作品の発表や制作の舞台になることで、数々の美術品誕生に関わってきました。
本展では1964年に日野市中央線高架下(こうかした)で行われた中村宏と立石紘一による一日限りの展覧会「第1回観光芸術展」や、1971年の二子玉川付近における伝説的な上映会「川を写したフィルムを川に映す」など、戦後美術を画する4つの出来事にまつわるドキュメントや作品をご紹介します。また多摩川をモチーフとした絵画や写真など、現代の表現の中に、身近な自然との関わりを発見していきます。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会問合せ先
府中市美術館 Tel.042-336-3371
会場住所
〒183-0001
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
交通案内
京王線の府中駅から、「ちゅうバス」のご利用が便利です。
府中駅までは、京王線新宿駅から、特急、準特急で約20分です。

■ 電車をご利用の場合

京王線 府中駅から
・ちゅうバス(多磨町行き) 「府中市美術館」下車すぐ
府中駅バスターミナル8番乗り場から、8時から毎時30分間隔で運行。運賃100円 (現金もしくは回数券のみ)
・京王バス 武蔵小金井駅行き(一本木経由、武71) 「天神町二丁目」下車すぐ
・京王バス 武蔵小金井駅行き(学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・京王バス 国分寺駅南口行き(東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

京王線 東府中駅北口から
・徒歩17分
・ちゅうバス(府中駅行き)「府中市美術館」下車すぐ
8時5分から毎時30分間隔で運行。運賃100円

JR中央線 武蔵小金井駅南口から
・京王バス 府中駅行き (一本木経由、武71) 「一本木」下車すぐ
・京王バス 府中駅行き (学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR中央線 国分寺駅南口から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR武蔵野線 北府中駅から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、府02) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・注記:1時間に1本の運行です。
・注記:お帰りの最終便は美術館閉館時間前です。ご利用の際は、ご確認ください。

■ 自動車をご利用の場合
・調布インターチェンジから 約3.5キロメートル
・国立・府中インターチェンジから 約4.4キロメートル
・八王子方面からのアクセスは、府中スマートインターチェンジをご利用いただけます。お帰りはETC搭載車のみ通行可能です。

府中市臨時駐車場(無料・約60台収容可)をご利用下さい。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
会場問合せ先
ハローダイヤル 03 (5777) 8600
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索