タイトル等
和田三造展
会場
姫路市立美術館
会期
2007-09-12~2007-10-25
休催日
毎週月曜日(9月21日、10月12日は開館)、9月24日、10月13日
開催時間
午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般:800(600)円
大学生・高校生:500(400)円
中学生・小学生:200(100)円
()内は前売および20名以上の団体料金
主催者
姫路市立美術館、読売新聞大阪本社
概要
和田三造(1883-1967)は1907年の第1回文部省美術展覧会(文展)に出品した「南風」により最高賞(二等賞)を受賞し、翌年の第2回文展でも連続して最高賞を受賞するなど、近代日本洋画において顕著な活躍を示しました。
「南風」の画家として彼の名はすっかり定着してしまいましたが、しかし彼の関心は油絵だけにはとどまりませんでした。
本展では様々なジャンルにチャレンジしたマルチ・タレントとしての和田三造に注目したいと思います。
油彩はもとより、日本画、版画、色彩研究、染織、そして日本人初のアカデミー賞を受賞した映画等の舞台美術、漫画、アニメーション、ポスター、図案、工芸、建築物デザインなど多種多様な分野で足跡を残した和田の創造世界にも注目していきたいと思います。
和田についてはともに生野の三人と呼ばれる青山熊治、白瀧幾之助と合わせてその画業が回顧されるほかは、1979年に北九州市立美術館で開催された個展を除いて大々的に取り上げられる機会はありませんでした。
本展は30年ぶりの和田三造展として、初期から晩年に至るまでの業績の全体像に迫ります。
ホームページ
http://www.city.himeji.hyogo.jp/art/
展覧会問合せ先
姫路市立美術館 Tel.079-222-2288
会場住所
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
交通案内
JR・山陽電車 姫路駅より、神姫バス ⑦または⑧乗り場から [3] [4] [5] [61] [62] [64] [81] [82] [84] [86] 乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。
姫路駅より 徒歩約20分 (姫路城東隣)。
※美術館には駐車場がありませんので近隣の駐車場(有料)をご利用ください。
※上記路線バスのほか、姫路城ループバスも停車します (停留所は「美術館前」)
ホームページ
http://www.city.himeji.lg.jp/art/
兵庫県姫路市本町68-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索