タイトル等
パレットのある展覧会
―ピカソ、マティスから地域ゆかりの作家まで―
会場
うらわ美術館
会期
2009-09-05~2009-10-12
休催日
月曜日(9月21日、10月12日の月曜は開館)、 9月24日
開催時間
午前10時~午後5時、土・日のみ~午後8時(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般500(400)円、大高生300(240)円、中小生150(120)円
( )内は20名以上の団体料金
※9月19日(土)~25日(金)「敬老の日」週間として65歳以上無料
主催者
うらわ美術館
概要
絵画の楽しみ方には、いろいろな方法があります。もちろん、絵のモチーフや構図、色彩など、作品そのものに即して鑑賞するのが、第一の方法でしょう。しかしそれだけにとどまらず、その絵が描かれた時代や地域、状況など、興味は様々に広がっていきます。そしてそのような興味は、当然画家に対しても向けられるでしょう。どのようにしてこの絵が描かれたのか、その素晴らしさの秘密や創造の源はどこにあるのか、等々。たとえば画家が使っていたパレットを通して、そのような秘密の一端を垣間見ることができるかもしれません。パレットを見れば、その上で絵の具を混ぜ合わせて使っていたのか、あるいはカンヴァスの上で直接混ぜていたのか、というようなことも分かります。絵だけを見ていたのでは気付かなかった、新たな側面を知ることができるでしょうし、別の興味や感動を得ることもできるでしょう。
本展は、笠間日動美術館所蔵の絵画とパレットに、当館所蔵の地域ゆかり作家の絵画を加えて60余点の作品で構成します。国内外の著名な画家たちの絵画に加えて、そのパレットを通して新たな魅力を発見することができるでしょう。またゆかり作家のパレットを通して、より一層の親しみを感じることができるでしょう。
ホームページ
http://www.uam.urawa.saitama.jp/
展覧会問合せ先
048-827-3215(代)
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索