タイトル等
美しきアジアの玉手箱
シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展
会場
神戸市立博物館
会期
2009-09-19~2009-12-06
休催日
月曜日(ただし祝日の場合は開館)と9/24(木)、10/13(火)、11/24(火)
開催時間
午前10時~午後5時
金曜日と神戸ルミナリエ期間中(12月3日~6日)は午後7時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,300(1,100/1,000)円、高大生900(800/700)円、小中生500(400/350)円
※( )は前売り/30人以上の団体
※満65歳以上で「神戸すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は、当日一般料金が半額
主催者
神戸市立博物館、読売新聞大阪本社、シアトル美術館、NHK神戸放送局
概要
1933年に設立されたシアトル美術館は、世界中の美術品を網羅するアメリカ屈指の美術館です。その中核は、西海岸で最大級を誇る東洋美術コレクションで、今回この中から精選された約100件が、シアトルの姉妹都市・神戸にやってきます。同館のコレクションがまとまったかたちでアメリカ国外で公開されるのは世界で初めてのことです。
日本美術では、鎌倉時代の仏教絵画「地獄草紙断簡」や、<浦島の手箱>の名で知られる「浦島蒔絵手箱」、<琳派>の巨匠・本阿弥光悦と俵屋宗達の合作「鹿下絵和歌巻」※、圧倒的な存在感を放つ屏風絵「烏図」などの名品が里帰りします。中国美術では、全米屈指のコレクションとして知られる陶磁器をはじめ、青銅器、玉器、銀器、漆器など、工芸の優品が勢ぞろいするほか、韓国、東南アジア、インドの逸品の数々も紹介します。
多彩な国や時代の名品がぎっしりとつまった、<美しきアジアの玉手箱>と呼ぶにふさわしい珠玉のコレクションを存分にお楽しみください。

※10月18日まで国内所蔵分の断簡も併せて展示します。
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/
展覧会問合せ先
テレホンサービス 078-332-7810
会場住所
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町24
交通案内
●JR「三ノ宮」駅、ポートライナー・地下鉄(山手線)「三宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅から 南西へ徒歩約10分
●JR・阪神「元町」駅から 南東へ徒歩約10分
●地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」駅から 南東へ徒歩約5分
●新幹線「新神戸」駅で 地下鉄(山手線)に乗り換え「三宮」駅下車
●神戸空港からは ポートライナーで約18分、「三宮」駅下車
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
兵庫県神戸市中央区京町24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索