タイトル等
昭和のくらし
―50年前の岡山―
会場
岡山県立博物館
会期
2009-07-24~2009-09-06
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時~午後6時
観覧料
200円(65歳以上・中学生以下 無料)
主催者
岡山県教育委員会・岡山県立博物館
概要
「もはや戦後ではない」〈昭和31年(1956)の「経済白書」〉といわれ、高度経済成長期の昭和30年代は戦後社会に一番活気があった時代であり、家電製品が生活に登場するなど、人々が明日への希望を持ち、輝いた時代といえます。現代社会は豊かになりましたが、一方で昔ながらの風俗や習慣、家族や近所のつながりは薄れつつあります。
この展覧会では、昭和30年代のくらしを身近な道具類を中心に紹介することによって、中高年の方々には子どもの頃の自分を思い出す機会に、子どもたちには当時の空気を感じてもらい、これからの社会を考えるきっかけとなればと思います。
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
展覧会問合せ先
TEL:086-272-1149(代表)/086-272-1178(学芸課直通)
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索