タイトル等
MOTコレクション 夏の遊び場
―しりとり、ままごと、なぞなぞ、ぶらんこ
会場
東京都現代美術館
会期
2009-07-18~2009-10-04
休催日
月曜日(ただし7月20日、8月10日、17日、9月21日、28日は開館。7月21日は休館)
開催時間
10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料
一般500(400)円、学生400(320)円、高校生250(200)円、65歳以上の方250(200)円
*( )は20名以上の団体料金
*企画展のチケットで本展もご覧いただけます。
主催者
東京都 / 東京都現代美術館
概要
かつて、「人間は遊ぶ動物である」といった歴史家がいます。文化の創造よりも先に、人間には「遊びたい」という衝動があったというのです。しりとりで、無関係なものを次から次に繋げていく楽しさ。おままごとで演じる、別の世界にいる自分。ぶらんこを思い切り漕いだときのめまいと開放感。なぞなぞの答えを捻るときに、見慣れたものが全く別のものに置き換えられる感覚。こうした遊びの経験は、表現したいという欲求と確かに繋がっています。アーティストとは、大人になってもこの感覚を研ぎ澄ましつづけている人たちと言ってもいいかもしれません。本展覧会では、「遊び」にさまざまな表現の「モデル」を見出し、そこから日常とアートを繋ぐ回路を探ります。「遊び」の延長を連想させる要素は、1990年代から2000年代にかけて登場した若い世代のアーティストに多く見られるものでもあります。本展では、近年めざましい活躍を続ける伊藤存と金氏徹平のふたりによる新作・旧作を併せた特別展示を行います。近年当館が収蔵に力を入れているこの世代の作品と、現代 美術史上の重要な動向とを織り交ぜての展示によって、「面白さ」の質を追求する「私たちの時代の美術」の魅力を紹介します。
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
交通案内
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

「木場」「菊川」駅のほかにも、「錦糸町」「東京」「とうきょうスカイツリー」「押上」「秋葉原」「新橋」「葛西」「豊洲」駅などから都営バスでもお越しになれます。

お車でお越しのお客様
首都高速9号深川線「木場」出口から約5分「枝川」出口から約10分です。

駐車場について
台数:約100台 / 福祉車両専用スペースあり
料金:普通車 1時間300円 (以降30分ごとに150円)
大型バス 1時間1000円 (以降30分ごとに500円)
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索