タイトル等
イタリア美術とナポレオン
会場
鹿児島市立美術館
会期
2009-07-16~2009-08-31
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日、8/31は開館)
開催時間
午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般1,000(700)円、高大生800(500)円、小中生600円
親子券1,400円
※( )内は前売料金及び障害者手帳提示者
※所蔵品展も観覧できます。
主催者
鹿児島市・鹿児島市教育委員会・鹿児島市立美術館・南日本新聞社・KTS鹿児島テレビ
概要
地中海に浮かぶフランス領コルシカ島は、ナポレオン 1 世の生誕地として知られています。ここにあるフェッシュ美術館は、ナポレオンの叔父にあたるフェッシュ枢機卿のコレクションをもとに造られました。フェッシュ卿のコレクションは質・量とも膨大なものでしたが、その一部が寄贈されてできたこの美術館のコレクションは、イタリア絵画だけでもフランスではルーブル美術館に次ぐ規模を誇ります。この展覧会は、フェッシュ美術館のコレクションの中からルネサンスに始まりバロック、ロココと続く西洋絵画の名品をご覧いただきます。
なかでも、この展覧会のために初めて日本への貸出を許可された《聖母子と天使》はボッティチェッリの初期の作品で、その透明感あふれるみずみずしい作品からは、後に《春》《ヴィーナスの誕生》などの美しい女性像を誕生させた才能を見い出すことができます。
また、ナポレオンと縁の深いこの美術館は、ナポレオンをはじめとするボナパルト一族の肖像画や関連資料も所蔵しています。これらのほか、フェッシュ美術館の中核をなす 17 ~ 18 世紀のイタリア絵画などを中心に展示し、そのほか大理石彫刻、そしてナポレオン関連資料など約 80 点を公開します。イタリア美術の精髄とナポレオンの魅力をどうぞご堪能ください。
ホームページ
http://kagoshima.digital-museum.jp/artmuseum/
展覧会問合せ先
Tel 099-224-3400
会場住所
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
交通案内
公共交通機関で来館の場合
■ カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分。
■ 市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分。
■ 鹿児島本線 鹿児島中央駅より、車で10分。
ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索