タイトル等
サンデー・マガジンのDNA
~週刊少年漫画誌の50年~
会場
川崎市市民ミュージアム
会期
2009-07-18~2009-09-13
休催日
月曜日(7/20は開館)、7/21(火)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般800円、学生・65歳以上500円、中学生以下無料※年齢の分かるものをご提示ください。
主催者
サンデー・マガジンのDNA実行委員会、川崎市市民ミュージアム
概要
この展覧会は、1959年に同時創刊された講談社「週刊少年マガジン」、小学館「週刊少年サンデー」の50年史を紐解くものです。
「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」は単なる雑誌という存在を超えて、互いを意識しながら数多くの名作を生み出し、連載作品の単行本化や兄弟誌の創刊、テレビ化・アニメ化の流れを作るなど、子供~青年文化形成の大きなエンジンとして働きました。「マガジン」と「サンデー」の歩んだ50年とは、戦後日本の視聴覚文化の核となった「週刊少年漫画誌」史50年であり、その視聴覚文化が現代を生きる私たちの美意識・文化意識を形成してきた大きな要因であることを考えると、今日の文化・芸術状況に対して非常に大きな示唆をはらんでいると言えるでしょう。
この展覧会では代表作100作品の原画や時代年表のほか、両誌のバトルから生み出された「ボクシング」「ラブコメ」「野球」などの各要素を「DNA」として抽出し、それらが文化や広く社会に与えた影響を検証します。本展は、少年漫画の豊饒な魅力を提示すると共に、漫画というメディアが作り出す可能性を見いだす絶好の機会となります。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
展覧会問合せ先
044-754-4500
会場住所
〒211-0052
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
交通案内
武蔵小杉駅 (JR 南武線・横須賀線・湘南新宿ライン、東急東横線・目黒線)から バスで約10分
○ 北口 1番乗り場から 川崎市バス
[杉40] 市民ミュージアム行 終点下車
[杉40] 中原駅行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
[溝05] 溝口駅前行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
○ 南口「東横線小杉駅」バス停から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車
○ 横須賀線口 2番乗り場から 東急バス ※土曜・休日のみ
[杉05] 市民ミュージアム行 終点下車

溝の口駅 (JR 南武線、東急 田園都市線・大井町線)から バスで約20分
○ 北口 3番乗り場から 川﨑市バス
[溝05] 小杉駅行 「市民ミュージアム前」下車 徒歩すぐ
○ 北口 5番乗り場から 東急バス
[溝02] 小杉駅行 「市営等々力グランド入口」下車 徒歩8分

川崎駅(JR)から バスで約40分
○ 西口 北バスターミナル 82番乗り場から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車

※当館に専用駐車場はありません。お車でお越しの方は等々力緑地公園内駐車場(有料)をご利用ください。
駐車場ご利用の割引等はございません。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索