タイトル等
ダブル・ファンタジー:韓国現代美術展
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2009-07-12~2009-10-12
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般950円(760円)、大学生650円(520円)
・高校生以下・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
・( )内は前売及び20名以上の団体料金
・常設展料金を含む
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
本展は、近年、目覚ましい躍進を遂げ、多様な展開を見せている、韓国の現代美術の現在、その一様相を日本において紹介する展覧会です。
韓国の独自の文化、伝統に根付いた美意識や、民族的、社会的な歴史を背景に築かれてきた韓国の美術は、1987年の民主化宣言以降の急速な変化や、その後の情報化社会の訪れに加えて、光州ビエンナーレなどの国際展の開催や海外との交流、現代美術館、アートスペース、商業画廊の増加によってアーティストの発表の場が拡がり、取り巻く環境の変化にも影響されながら、多様な展開を見せてきました。
タイトルの<ダブルファンタジー>とは、現代社会のひとつの断面を表す言葉として用いています。現代においては、自然と人工、現実と虚構、伝統と革新、ローカルとグローバルなどの相反するものが、対立という位置に在るのではなく、共存、もしくは混在する状況もしばしば見受けられます。コンピューターや科学技術の進歩、情報化社会の発達に伴い、そうした相反するものの領域は曖昧となり、時にそれらは混じり合い、ハイブリッドなものを生み出したり、あついは奇形的な進化を遂げ、歪みや亀裂となって表れたものが、新たな価値観や、美意識の礎となることもあります。
また最近では、現実の世界にフィクションでしか起こりえないような凄まじい出来事を見せつけられることも多く、夢が意識に対する補償作用となるように、私たちは意識下において、ファンタジーに救いを求めることもあるのではないでしょうか。そして、曖昧で不穏な時代に生きる私たちにとってのファンタジーとは、闇と光の両方の側面を持ち合わせ、ある種のグロテスクさをも内包していることで、リアリティを持って迫ってきます。
本展では、こうした時代の深層を敏感につかみとり、絵画、写真、ビデオ、彫刻、インスタレーションといった多様なメディアを用いて視覚化している韓国の若手アーティストの作品にフォーカスしています。本展を通して、日本の観客が、同時代の空気を共有したり、また差異に刺激を受けながら、“近くて遠い国”と称される韓国を新たに見つめたりする機会となることでしょう。参加作家は活躍が期待されている若手作家が中心となり、日本での紹介は初めてとなる作家も多く、これまでのステレオタイプなイメージを超えた、新しい韓国現代美術の息吹を伝えます。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索