タイトル等
心の眼 稲越功一の写真
会場
東京都写真美術館
会期
2009-08-20~2009-10-12
休催日
毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
開催時間
10:00~18:00(木、金は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円
※( )は20名以上団体および東京都写真美術館友の会、カード会員割引
主催者
財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/東京新聞
概要
1960年代後半から顕著になるプライベートな眼差しで日常的な光景を切り取った稲越功一(1941-2009)の写真表現は、その後の日本の写真に新たな水脈をもたらしたといってよいでしょう。稲越功一は、コマーシャル写真家として活躍を始めると同時に、自分自身のために写真を撮り始め写真集『Maybe maybe』(1971)を刊行し、シリアス・フォトの写真家として注目を集めます。その後も、コマーシャル写真家や肖像写真家として多彩な活動を展開する一方、プライベートで純粋なスナップショットの眼差しで風景を撮影し続け、写真集『記憶都市』(1987)、『Out of Season』(1996)、『Ailleurs』(1996)などを刊行していきます。
本展覧会では、70年代初頭に注目されたスナップショットの眼差しの系譜を、日常的な光景をモノクロームでとらえた作品を中心にたどります。写真家稲越功一の原点があきらかにされるだけではなく、シリアス・フォトの眼差しがとらえた時代の風景、時代の感性が見て取れるはずです。
ホームページ
http://www.syabi.com/index.shtml
展覧会問合せ先
Tel.03-3280-0099/Fax.03-3280-0033
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索