タイトル等
ズームアップ!日本の銅版画
会場
神戸市立博物館
会期
2009-04-18~2009-05-31
休催日
毎週月曜日。但し5月4日(月)は開館し、5月7日(木)は休館。
開催時間
午前10時~午後5時まで
※金曜日は午後7時まで開館。入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般200(160)円、高大生150(120)円、小中生100(70)円
※( )内は30名以上の団体料金
※障害者手帳持参の方、65歳以上で神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)持参の方は無料
主催者
神戸市立博物館
概要
神戸市立博物館は約2700件の作品から構成される日本製銅版画コレクションを持っています。今回の企画展では、江戸後期から明治前期にかけて描かれた銅版画(エッチング)の中から、司馬江漢(しばこうかん)、亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)、玄々堂(げんげんどう)親子、小林清親(きよちか)などの画家たちによる約30件を精選し展示します。
銅版(エッチング)という技法は、中世のヨーロッパで発明され、図像複製・印刷技術の主流となり、やがて日蘭交易を通じて日本にも伝わりました。そして、18世紀後半から日本人の画家たち自らの手で作られるようになります。その大半は絵葉書程度の大きさで、同じ時代につくられた浮世絵版画と較べて小さいものですが、格段に細かい描線で画面が構成され、当時の絵画史・印刷技術史の中でも最も精巧な表現として発達しました。これらの銅版画はあまりに小さいため、展示室にただ単に並べるだけでは、その魅力はなかなか伝わりません。そこで今回は、A2からB1大に引き伸ばした、部分拡大写真を多数併設します。ミクロの世界に果敢に挑んだ、銅版画家たちの息吹を感じさせる展示を目指します。
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/
展覧会問合せ先
テレホンサービス 078-332-7810
会場住所
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町24
交通案内
●JR「三ノ宮」駅、ポートライナー・地下鉄(山手線)「三宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅から 南西へ徒歩約10分
●JR・阪神「元町」駅から 南東へ徒歩約10分
●地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」駅から 南東へ徒歩約5分
●新幹線「新神戸」駅で 地下鉄(山手線)に乗り換え「三宮」駅下車
●神戸空港からは ポートライナーで約18分、「三宮」駅下車
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
兵庫県神戸市中央区京町24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索