タイトル等
橋本関雪展
会場
姫路市立美術館
会期
2009-04-25~2009-06-07
休催日
月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)
開催時間
午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般:1000(800)円、大学生・高校生:600(400)円、中学生・小学生:200(100)円
( )内は前売および20名以上の団体料金
主催者
姫路市立美術館、神戸新聞社
概要
近代日本画の最盛期と考えられる昭和前期に、文展・帝展日本画の中心として活躍し、その秀でた天分と気宇壮大な創作態度により数多くの話題作を世に遺した巨匠・橋本関雪の回顧展を開催いたします。
橋本関雪は明治16(1883)年、神戸市に生まれました。橋本家は代々明石藩の武道師範、関雪の祖父文水からは儒官となり、父海関も明治となってからは私塾を開き、神戸の師範学校で漢学を教えました。関雪も少年期から家学としての経書詩文を海関から仕込まれ、江戸期の藩儒の子弟と似た雰囲気の中で育てられました。
はじめは四条派の画を学び、その後明治36年20歳で京都に出て竹内栖鳳の門に入ってその天分を大きく伸ばしました。同41年、第2回文展の初入選を機会に上京し、話題作を次々に発表して多くの褒章を得、画壇に確固たる地位を築きました。
また、日本画家としていち早くヨーロッパに渡り、西洋美術の影響を受けました。中国には40回以上も渡り、東洋の古美術を研究するなど、高い教養と幅広い視野により、素晴らしい画技を展開していきました。大正8(1919)年帝展審査委員、昭和9(1934)年帝室技芸員、同10年帝国美術院会員などを歴任するとともに文人としても活躍し、昭和20年61歳で逝去しました。
深い教養にねざした作品は、四条派を基礎に古今東西の名画の諸風を取り入れ、豪快華麗、また軽妙繊細に格調高く描かれて、その芸術性は高く評価されています。
今回の展覧会では、初期から晩年まで約50年にわたる画業をその代表作約60点で紹介し、その輝かしい業績を偲ぶものです。
ホームページ
http://www.city.himeji.hyogo.jp/art/
展覧会問合せ先
姫路市立美術館 Tel.079-222-2288
会場住所
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
交通案内
JR・山陽電車 姫路駅より、神姫バス ⑦または⑧乗り場から [3] [4] [5] [61] [62] [64] [81] [82] [84] [86] 乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。
姫路駅より 徒歩約20分 (姫路城東隣)。
※美術館には駐車場がありませんので近隣の駐車場(有料)をご利用ください。
※上記路線バスのほか、姫路城ループバスも停車します (停留所は「美術館前」)
ホームページ
http://www.city.himeji.lg.jp/art/
兵庫県姫路市本町68-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索