タイトル等
富士を旅する
―浮世絵を中心に
会場
佐野美術館
会期
2009-05-23~2009-07-08
休催日
木曜
開催時間
午前10時~午後5時(入館受付は午後4時半まで)
観覧料
一般・大学生900円 小・中・高校生500円
※15名様以上の団体は2割引
※土曜日は小中学生無料
主催者
佐野美術館・三島市・三島市教育委員会
概要
日本を象徴する山、富士山。日本人は古来より、この山の崇高な姿を信仰の対象として崇め、その端正な形を美術工芸品に表してきました。
江戸時代になると、街道や宿場が整備され、旅の途中で富士山を間近に見ることができるようになりました。また、富士山信仰の広まりとともに富士登山が流行し、登頂することで祈願成就を得ようと願う人々も増えてきました。こうして富士山は、遠くに崇めるものだけでなく、近くにあって親しみを感じる存在ともなりました。
富士山に寄せる人々の感覚の変化に一役買ったのが浮世絵でした。浮世絵には、東海道の名所や土地にまつわる物語などとともに、様々な富士山の姿が描かれ、富士山頂までの道のりを詳細に示した案内図が著されました。浮世絵の精緻な彫り技と鮮やかな摺り色は、それを手にした人の旅心を一層駆り立てました。
本展は、富士山に関する美術工芸品を多岐にわたり収集された、静岡市の故 服部和彦氏のコレクションの中から、浮世絵を中心に約50点を紹介いたします。
大胆な構図で富士をとらえた葛飾北斎、東海道の風情を叙情豊かに描いた歌川広重、富士の山塊に迫った歌川貞秀。ひととき江戸時代の旅人となって、富士をめでる旅をお愉しみください。
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
展覧会問合せ先
総務部
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索