タイトル等
権鎮圭
―韓国近代彫刻の先覚者―
会場
東京国立近代美術館
会期
2009-10-10~2009-12-06
休催日
月曜日[10月12日、11月23日は開館]、10月13日(火)、11月24日(火)
開催時間
10:00~17:00、金曜日20:00まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般420(210)円、大学生130(70)円
※()内は20名以上の団体料金
※高校生以下及び18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
主催者
東京国立近代美術館 武蔵野美術大学美術資料図書館 韓国国立現代美術館
概要
権鎮圭(クォン・ジンギュ、1922~1973)は韓国近代彫刻の先覚者として高く評価されています。

権鎮圭は、1950年代に武蔵野美術大学の前身である武蔵野美術学校で学び、二科展で受賞するなど、日本の彫刻界と非常に関係の深い作家ですが、リアリズムを基調としつつ孤高の精神性をたたえたその作品は、残念ながら、日本ではまだほとんど知られていません。本展は武蔵野美術大学会場と合わせて、日本で初めて権鎮圭の彫刻の全貌を紹介する展覧会となります。

この展覧会は、東京国立近代美術館・武蔵野美術大学美術資料図書館・韓国国立現代美術館が共同で調査研究・企画・立案にあたり実現しました。

東京国立近代美術館(ギャラリー4、2F)と武蔵野美術大学美術資料図書館の2会場で同時開催したのち、韓国国立現代美術館(徳寿宮美術館)に巡回します。
ホームページ
http://www.momat.go.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索