タイトル等
棟方志功展
歌と仏の世界
会場
パラミタミュージアム
会期
2009-04-26~2009-06-28
休催日
会期中無休
開催時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
観覧料
一般1,000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
※一般4枚セット券:3,000円
概要
明治36(1903)年、青森に生まれた棟方志功は、日本の版画界を代表する作家として活躍しました。その作品は日本の伝統芸術である板目木版画の持つ大画面の特性を生かした独自の表現的作風で世界的に高い評価を受けています。
柳宗悦をはじめとする民藝運動の先人たちから啓示を受けた棟方は、仏教芸術に深く傾倒し、自らの宗教的な感慨を表現しています。また生涯を通じて数多くの文人と交友のあった棟方志功は、歌人の歌に合わせた作品を制作しています。画面の中に描きこまれた文字は棟方の歌へのイメージに合わせて自在に表現され、それ自体が重要な絵の構成要素を成しています。今回は棟方志功の最大の後援者であった大原美術館の全面的なご協力をいただき、仏の世界を描く大屏風とともに、吉井勇『流離抄板画柵』、谷崎潤一郎『歌々板画柵』、大原寿恵子『大原寿恵子歌集抄板画柵』のそれぞれ全柵揃えを展示し、棟方志功の表す「ことばの美」への感応性を鑑賞します。
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com/
展覧会問合せ先
Tel.059-391-1088
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索