タイトル等
色彩の詩人―脇田和
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2009-04-11~2009-06-28
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般950(760)円、大高生650(520)円、高校生以下・丸亀市に在住の65歳以上・各種障害者手帳お持ちの方は無料
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金(常設展料金を含む)
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団、読売新聞大阪本社、美術館連絡協議会
概要
1908年東京に生まれた脇田和は、1925年に17歳でベルリン国立美術学校に入学し、主に人体デッサンを学ぶとともに版画の技術を身につけ、1930年22歳で帰国します。間もなく新進の画家として注目を集め、戦後は日本を代表する画家として国内外で活躍、2005年に亡くなるまで精力的に作品を発表し続けました。
脇田は子どもや鳥、花といった身近な存在に温かい眼差しを注いで描いた、穏やかな親密さに満ちた絵画で知られます。モチーフを簡略化して描き出した形のおもしろさ、大胆な対比と僅かに異なる色の重なりから生まれる豊かな色彩の響きあい、モチーフと色面の配置による巧みな画面構成、絵の具をかすれさせたりして得た表面の質感。脇田の美意識によって選択された、画面をつくりあげる様々な要素は渾然一体となって昇華され、微笑ましさをたたえながら見る者をひきつけて止みません。
本展は80年にも及ぶ画業において、一貫して愛する世界を描きながら絵画に対する飽くなき探究を続けた脇田の初期から晩年までの作品を一堂に展示し、その奥深い魅力をご紹介するものです。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索