タイトル等
芥川紗織展
鮮やかな色彩、奔放なイメージ
会場
横須賀美術館
会期
2009-02-14~2009-03-22
休催日
3月2日(月)
開催時間
10:00~18:00
観覧料
一般800円、高大生・65歳以上600円、中学生以下無料
主催者
横須賀美術館、東京新聞
概要
芥川紗織(あくたがわ・さおり1924-1966)は、大胆でユニークな画題を鮮やかな染色で表現し、1950年代に一躍脚光を浴びました。大学時代は声楽を学び、作曲家の芥川也寸志と結婚後、染色や油彩をほぼ独学で描き始めます。彼女は、ユーモラスな植物の形態を思わせる油彩や、染色で描いた、叫ぶ<女>シリーズを、次々と発表しました。その活躍は目覚しく、岡本太郎が人選、構成した1955年の第40回二科展では特選を受賞し、強い注目を集めます。そして、古事記に着想を得て、絵巻物のように物語りの繰り広げられる約13.5mの《古事記より》(世田谷美術館蔵)を含む、<神話><民話>シリーズにおいて、彼女の自由奔放な想像力が最大限に開花したといってよいでしょう。確固たる独創的なスタイルを確立するも、1958年に離婚し、渡米するとその画風は一変します。2~3色の限られた色彩で、有機的なフォルムを組み合わせた抽象画へと移行し、新たな境地を開きますが、惜しくも42歳の若さでこの世を去ります。
本展は、この特異な作品群を生み出した、芥川紗織という作家の全貌を検証する、公立美術館で初めての展覧会となります。また共に活動した「制作者懇談会」のメンバーの作品や、彼女と同じく、前衛絵画の世界で熱い注目を集めた女性画家の作品を展示し、彼女の駆け抜けた画業とその同時代の作家たちとの交流をご紹介いたします。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp
展覧会問合せ先
tel:046-845-1211 fax:046-845-1215
会場住所
〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

■東京・横浜方面からお越しの場合、品川駅もしくは横浜駅から 京浜急行線 がオススメです。
■逗子・鎌倉・藤沢など神奈川県西部からお越しの場合、JR横須賀線 がオススメです。

【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24、堀24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分) 下車、徒歩約2分。
料金:250円 (交通ICカード利用の場合 247円)

・「浦賀」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (浦3、堀25) 終点「観音崎」(約15分)下車、徒歩約5分
料金:220円 (交通ICカード利用の場合 216円)

【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅 3番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分) 下車、徒歩約2分。
料金:410円 (交通ICカード利用の場合も同じ)

*最寄駅からタクシーをご利用の場合
・京浜急行線「馬堀海岸駅」から約7分 料金1,500~1,600円程度
・京浜急行線「浦賀駅」から約10分 料金1,700~1,800円程度


お車をご利用の場合

・横浜横須賀道路 馬堀海岸ICから 3km (約5分)
・横浜横須賀道路 横須賀ICから 11km (約35分)、本町山中有料道路を経て国道16号を東進

⇒カーナビを利用される方は、まだ登録をされていない場合がありますので、「観音崎京急ホテル (横須賀市走水2-1157-2)」を目的地に設定してください。
美術館は観音崎京急ホテルの斜向かいになります。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/
神奈川県横須賀市鴨居4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索