タイトル等
栄光のルネサンスから華麗なロココ
会場
尾道市立美術館
会期
2009-03-14~2009-05-06
休催日
月曜日(5月4日[月]は開館)
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
4月3日(金)、4日(土)、10日(金)、11日(土)は夜間開館(20:00まで[入館は17:30まで])
観覧料
大人1,000円、高・大生800円、中学生以下無料
主催者
尾道市立美術館、中国新聞備後本社
概要
ローマの古典文化を模範とし写実的で理想主義的な芸術を築いたルネサンス。ルネサンスとは対照的に、劇的な表現を特徴としたバロック。そして、洗練された優美さと軽快な装飾性を特徴としたのロココ。

初期ルネサンスのアルティキエロからティントレット、エル・グレコ、ルーベンス、レンブラント、ナティなどルネサンスからロココまで選りすぐりの絵画60余点によって、ヨーロッパ絵画の真髄をご堪能ください。
ホームページ
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/data_ono/p_museum/index.html
展覧会問合せ先
尾道市立美術館0848-23-2281
会場住所
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
交通案内
電車で-------
JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(①番のりば)で「長江口」下車、千光寺山ロープウェイで「千光寺公園」へ。 (ロープウェイのりばで、「往復乗車券+観覧券」のお得なセット販売をご利用ください。) なお、美術館最寄りの「千光寺公園」行きバスは便数が少ないのでご注意ください。

車で-------
お車の方は、千光寺山ドライブウェイ経由で「千光寺公園駐車場(有料)」をご利用くださいましたら、入館時に駐車券提示により1名に限り 割引します。
◎山陽自動車道 尾道ICより 約20分
◎山陽自動車道 福山西ICより 約15分
◎JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分。
ホームページ
http://www7.city.onomichi.hiroshima.jp/
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索