タイトル等
古地図に描かれた世界 アジアと日本
会場
神戸市立博物館
会期
2009-02-14~2009-03-29
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(金曜日は午後7時まで開館。入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般200(160)円、高大生150(120)円、小中生100(70)円
*( )内は30名以上の団体料金
*高大生は高等学校、高等専門学校、大学・短期大学・大学院、専修学校・専門学校・予備校で身分を確認できる方
主催者
神戸市立博物館
概要
大航海時代以降、西洋社会では新たに知り得た地理知識をもとに、数々の世界図や地域図が矢継ぎ早に作成されてきました。
数世紀の歩みのなかで作成されてきたヨーロッパの地域図はさておき、アジアや日本を描いた地図のなかには情報だけが先行して、実地調査を伴わない地図が大半だったことも事実です。そのため、日本の形態一つを採ってみても、同時代でありながら、様々な姿を見出すことができます。一見すると、不思議な形態もありますが、これらの地図をもとに当時に想いを馳せたり、考えたりすることが、地図を観る楽しみの一つといえるでしょう。
そして、当時の地図には、単に大地の形態を描くだけにとどまらず、地図のまわりや内部に様々な情報が盛り込まれたり、装飾が施されたりもしています。これらは、その地域の理解を図る一助となっていたと思われます。また、「これ何だろう?」という疑問を持つ空想上の動物も多く描かれています。
今回の企画展では、これらに焦点をあてて、16世紀から18世紀の西洋古版地図を中心に紹介します。
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/
展覧会問合せ先
テレホンサービス 078-332-7810
会場住所
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町24
交通案内
●JR「三ノ宮」駅、ポートライナー・地下鉄(山手線)「三宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅から 南西へ徒歩約10分
●JR・阪神「元町」駅から 南東へ徒歩約10分
●地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」駅から 南東へ徒歩約5分
●新幹線「新神戸」駅で 地下鉄(山手線)に乗り換え「三宮」駅下車
●神戸空港からは ポートライナーで約18分、「三宮」駅下車
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
兵庫県神戸市中央区京町24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索