タイトル等
アルバースの版画展
会場
鹿児島市立美術館
会期
2009-02-10~2009-03-29
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般200円、高大生150円、小中生100円
(所蔵品展と共通。年間パスポートでもご覧いただけます。)
概要
全く同じ形なのに大きさが違って見える、平らな作品なのに飛び出して見えたり奥行きを感じたりする・・・・・人間の目は、色や形の組み合わせでいとも簡単に惑わされてしまうことを、アルバースの作品は証明しています。
ジョセフ・アルバース(1888-1976)は、ドイツのボトロップで生まれました。ベルリンやエッセン、ミュンヘンの美術学校で学んだあと、1920年、ドイツの総合造形学校バウハウスに入学します。そして3年後にはバウハウスで教鞭を執り、その後教授、副校長となります。1933年にバウハウスが閉鎖されると、アルバースはアメリカへ渡り、大学で教育者として教鞭をふるいました。アルバースが追究した絵画における平面と奥行きの関係、知覚の多様性の研究は、アメリカの多くの美術学生に影響を与え、また、オプ・アート(光学的・視覚的な美術)の先駆者ともみなされています。
彼が1972年に刊行した版画集「私の公式と表現思想」は、バウハウス時代からのアルバースの作品をシルクスクリーンで再現したもので、約2年かけて彼自身が監督し、それぞれの作品に別冊で解説をつけています。本展覧会では、この版画集にアルバースの言葉を添えて展示し、彼が探究した視覚効果をお楽しみいただきます。
ホームページ
http://kagoshima.digital-museum.jp/artmuseum/
展覧会問合せ先
Tel 099-224-3400
会場住所
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
交通案内
公共交通機関で来館の場合
■ カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分。
■ 市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分。
■ 鹿児島本線 鹿児島中央駅より、車で10分。
ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索