タイトル等
上野伊三郎+リチ コレクション展
ウィーンから京都へ、建築から工芸へ
会場
京都国立近代美術館
会期
2009-01-06~2009-02-08
休催日
毎週月曜日 ※1月12日(月・祝)は開館、1月13日(火)は閉館
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般600(400)円/大学生300(200)円高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、心身に障害のある方と付添者1名は無料
(入館に証明できるものをご提示下さい)
主催者
京都国立近代美術館、京都新聞社
概要
2006年度、京都インターアクト美術学校より京都国立近代美術館に、同校がこれまで長年にわたり保管してきた上野伊三郎(1892?1972)と上野リチ(Felice “Lizzi” Ueno-Rix, 1893?1967)夫妻の全作品・資料が寄贈されました。そしてこのたび「上野伊三郎+リチ コレクション展」として、京都国立近代美術館並びに目黒区美術館において、はじめて紹介いたします。
京都インターアクト美術学校は、上野伊三郎とリチがともに教授を勤めた京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)退任の年(1963年)、この夫妻を中心にしてインターナショナルデザイン研究所として創設されました。後にはインターナショナル美術専門学校と改称し、小規模ながらも特色ある教育を行って有能な若い人材を多数輩出してきました。
そして同校には、上野伊三郎の未公開の建築図面をはじめ、数多くの蔵書とともに、リチの作品も大切に保管されていたのです。さらに上野伊三郎が中心となって1927年に設立された日本インターナショナル建築会の機関誌『インターナショナル建築』も全冊含まれるなど、貴重な「幻のコレクション」といって過言ではありません。

I. 上野伊三郎・リチのウィーン
II. 上野伊三郎と「日本インターナショナル建築会」
III. 上野伊三郎・リチの京都
IV. 建築から工芸へ

本展覧会は、「ウィーン=京都」両都市間に開花した、上野伊三郎・リチ夫妻による創造実践を、上野伊三郎+リチ コレクション」によって、建築・デザイン・工芸などジャンルを横断した視点から再考し、総合的に検証する貴重な機会となるに違いありません。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
展覧会問合せ先
代表:Tel.075-761-4111 テレホンサービス:Tel.075-761-9900
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索