タイトル等
尼門跡寺院の世界
皇女たちの信仰と御所文化
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2009-04-14~2009-06-14
休催日
毎月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館、翌火曜日休館)
開催時間
10:00-17:00(入館時間は16:30まで)
観覧料
一般1,300(1,100)円、高校・大学生800(700)円
( )内は前売り/20名以上の団体料金。
中学生以下無料。
主催者
東京藝術大学、中世日本研究所、産経新聞社
概要
日本の古都、京都・奈良には今でも13ヶ寺の尼門跡が残っています。尼門跡とは皇族・公家など、高貴な女性の入寺によって営まれてきた独特な品格を持つ寺院で、わが国が世界に誇れる文化遺産です。これら尼門跡の開山・中興の尼僧たちの生活と信仰に焦点を当てながら、そこで培われ、伝えられた伝統文化を紹介します。古くは7、8世紀の時代の尼寺に始まり、江戸時代には皇室とのゆかりによる「御所文化」が育まれ、独特な宗教儀礼や信仰生活が形作られました。本展は、京都・奈良13尼門跡寺院(五十音順、敬称略、圓照寺・光照院・三時知恩寺・慈受院・大聖寺・中宮寺・曇華院・宝鏡寺・宝慈院・法華寺・本光院・林丘寺・霊鑑寺)に関連する作品、180余点にてその生活を紹介いたします。
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
展覧会問合せ先
050-5525-2200(代表)
会場住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
交通案内
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)
ホームページ
http://www.geidai.ac.jp/museum/
東京都台東区上野公園12-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索