タイトル等
現代美術百花繚乱
60~90年代アート
会場
奈良県立美術館
会期
2008-12-20~2009-03-22
休催日
月曜日休館・年末年始12月28日~1月5日休館
開催時間
午前9時~午後 5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一 般400円(300円 )大高生250円(200円 )中小生150円(100円 )
()内は20名以上の団体料金
概要
戦後の高度成長期と歩調をあわせたかのように日本美術に吹き荒れた抽象芸術の嵐。当時の若い芸術家たちは、欧米の美術動向に追随するだけではなく、書や水墨画や華道といった日本の伝統文化、さらに舞踏やアクションなどにも前衛的で刺激的な創造活動を爆発させました。一作家一表現の様はまさに百花繚乱。この60年代に生み出された美術は今、日本の現代アートの古典とも称されています。
そして90年代以降。日本の現代美術は再び世界的な注目を集めています。アニメや漫画、CG世界から生まれた独特なキャラクターは、あたかも現代日本の象徴であるかのように海外に発信され、かつてない活況を呈しています。
奈良県立美術館には60年代アートを収集した大橋コレクション、そして80~90年代の奈良にゆかりのある作家の作品が収蔵されています。今回は戦後日本のアートシーンを振り返りながら、多彩に展開された表現世界を鑑賞いただくために約100点を選抜しました。
美術作品は時代の思潮や流行、価値観や美意識といったものを端的に映し出す鏡にたとえられます。各作品に込められた美術家たちの熱いメッセージをうかがいながら、60~90年代の現代アートを楽しんでいただけたら幸いです。
ホームページ
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-11842.htm
展覧会問合せ先
Tel:0742-23-3968 テレフォンサービス:0742-23-1700
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町10-6
交通案内
近鉄奈良駅①番出口から徒歩5分
JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車、すぐ
ホームページ
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-11842.htm
奈良県奈良市登大路町10-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索