タイトル等
メモリア
-まなざしの軌跡
会場
熊本市現代美術館
会期
2008-07-19~2008-10-19
休催日
火曜日、ただし9/23(祝)は開館し、24(水)休館
開催時間
午前10時から午後8時(展覧会入場は午後7時30分まで)
観覧料
一般1000(800)円、高・大学生500(400)円、小・中学生300(200)円
*( )は前売及び20名以上の団体料金、身体障害者手帳等をお持ちの方、熊本市民で70才以上の方。
主催者
熊本市、熊本市美術文化振興財団、熊本日日新聞社、RKK熊本放送
概要
「メモリア-まなざしの軌跡」展では、社会や個人の経験がいかに語り継がれ、新たなものを生み出していくのか、「記憶」や「体験」を手がかりに

、9人の現代美術作品および熊本の祝祭の資料を紹介いたします。
1935年に入場者105万人を数え、時代を彩った祝祭「新興熊本大博覧会」。
アジアの経済成長期の社会の夢と現実の物語に目をむけたアナザーマウンテンマン、チェン・ジエレン。
知を継承する場としてのミュージアムや図書館を主題とするレオニード・ソコフ、カンディダ・ヘーファー。
ドイツ警察の制服を植物に転化させるピーター・ローゼル。
鏡の反射によって身体の感覚を呼び覚ますイヴォンヌ・リー・シュルツ。
感情の機微を色に重ねる日本画の千々岩修。
木彫彩色の肥後朝顔に挑む須田悦弘。
きらめく星の模様を砂で描き出すマリエッラ・モスラー。
さまざまな記憶をよりどころにして、私たちの日常のまなざしや体験から、新たな創造への飛躍の軌跡をたどる展覧会です。
ホームページ
http://www.camk.or.jp/
展覧会問合せ先
Tel.096-278-7500 Fax.096-359-7892
会場住所
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町2-3
交通案内
・美術館入口(びぷれす熊日会館3階)までは、通町筋電停又はバス停から徒歩1分です。電車通り側歩道から、エスカレーター又はエレベーターをご利用ください。
・「びぷれす熊日会館」の駐車場(有料)は、数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

JR線をご利用の場合
・熊本駅から 市電またはバスで15分、通町筋下車
・新水前寺駅から 市電またはバスで10分、通町筋下車

航空機をご利用の場合
・熊本空港から 空港バスで40分、通町筋下車

高速自動車道をご利用の場合
・熊本インターから 車又は高速バスで30分、通町筋下車
ホームページ
https://www.camk.jp/
熊本県熊本市中央区上通町2-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索