タイトル等
唐津・鍋島・柿右衛門 九州古陶磁の精華
田中丸コレクションのすべて
会場
茨城県陶芸美術館
会期
2009-01-24~2009-03-15
休催日
月曜日
開催時間
午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般600(500)円/高大生450(350)円/小中生250(200)円
※( )内は20名以上の団体料金
満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及び付き添いの方(1人につき1人まで)は無料。
主催者
茨城県陶芸美術館・朝日新聞社
概要
桃山時代に大きな転機を迎え、江戸時代にかけて大きく花開いた日本陶磁の歴史。その展開において極めて重要な役割を担ったのが、九州陶磁でした。朝鮮半島から渡来した陶工たちは、唐津をはじめ九州の各地に窯を開き、茶道具から日用雑貨まで優れた陶器を生産する礎を築きました。日本初の磁器の焼成に成功した肥前の有田では、日本独自の美しさをもった磁器が誕生し、17世紀後期以降のヨーロッパ向けの磁器生産を通じて、その魅力は海外にまで知られるようになりました。
田中丸コレクションは、佐賀県の生まれで福岡玉屋百貨店の経営者・田中丸善八氏(1894-1973)が生涯をかけて蒐集した、総数400件を超える九州古陶磁のコレクションです。その特長は、唐津・伊万里・鍋島・柿右衛門など九州各地の主要な窯を幅広く網羅し、かつそれぞれの窯の代表的な名品を体系的に揃えている点にあり、質・量ともに卓越した内容のコレクションとして国内外に知られています。本展覧会は、同コレクションから厳選した名品を中心に約130件を紹介し、百花繚乱のごとく展開した九州陶磁の魅力を一望するものです。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県陶芸美術館:0296-70-0011
会場住所
〒309-1611
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
交通案内
[電車]
・JR常磐線で上野駅~友部駅 (特急70分)
・友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車
・笠間駅からタクシーを利用して5分
・友部駅から笠間市内観光周遊バス (料金100円 ※平成20年4月1日~)で20分

[車]
・北関東自動車道 友部インターから10分、笠間西インターから15分
・常磐自動車道 岩間インターから25分、水戸インターから30分

[高速バス]
茨城交通高速バスで秋葉原駅~やきもの通り、または笠間駅(120分)下車
※平成24年6月1日より運行、1日4便

かさま観光周遊バス
※運行日は月曜日(祝日の場合は翌日)を除く毎日です。
※乗車定員制(36名)のため、お乗りいただけないこともあります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索