タイトル等
点と面の詩情 上前智祐・山中嘉一・坪田雅彦展
会場
和歌山県立近代美術館
会期
2008-09-13~2008-10-26
休催日
月曜日(9月15日、10月13日は開館し、翌火曜日休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般500(400)円、大学生300(250)円
*( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生(外国人就学生を含む)は無料
概要
形の最小の要素である「点」や四角い「面」という基本的な形を重要な主題として、作品を制作してきた3人の作家に注目し、その活動を紹介します。


上前智祐は1920(大正9)年、京都府に生まれ、具体美術協会の結成に加わりました。縫いという作業により画面に生まれる点を基本的な構成要素とする作品や、淡々と点を繰り返す、緻密な反復作業に立脚した画面を生み出しています。
山中嘉一は1928(昭和3)年、大阪市に生まれ、デモクラート美術家協会に参加。1968年からシルクスクリーンを中心に制作活動を展開し、点、線、面という切り詰めた造形要素と厳選された色彩による画面構成を行っています。
坪田政彦は1947(昭和22)年、姫路市に生まれ、大阪芸術大学に学びました。四角い画面を四角く区切った上に点を配置する画面は、単純であるにも関わらず、独特の詩情をたたえています。
個性を持たないように思える「点」や「面」が、3人の作品においていかに個性的でそれぞれ異なった表現を生み出しているかを楽しむことができる展覧会であり、また当館が継続して取り組んでいる、関西の戦後美術を紹介するものです。
ホームページ
http://www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/
展覧会問合せ先
073-436-8690
会場住所
〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
交通案内
[バスでお越しの方]
JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅から約10分
和歌浦口方面行き「県庁前」下車、徒歩2分
※関西国際空港からリムジンバスでJR和歌山駅まで約40分

[タクシーでお越しの方]
JR和歌山駅から約15分
南海和歌山市駅から約10分

[お車でお越しの方]
阪和自動車道和歌山インターチェンジより和歌山城方面へ約15分
ホームページ
http://www.momaw.jp/
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索