タイトル等
小林古径
いのちを線に描くー日本画家
会場
佐野美術館
会期
2009-01-05~2009-02-16
休催日
木曜休館
開催時間
午前10時~午後5時(入館受付は午後4時半まで)
観覧料
一般・大学生1,000円(750円) 小・中・高校生500円(400円)
※15名様以上の団体は2割引 ※土曜日は小中学生無料
※()内は1月4日までの前売料金
主催者
佐野美術館、三島市、三島市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
概要
とぎ澄まされた美意識で、格調高い日本画の世界を拓いた小林古径(こばやしこけい)(1883・明治16年~1957・昭和32年)。
古径は今の新潟県上越市に生まれ、16歳で上京、梶田半古(かじたはんこ)に入門しました。27歳のとき紅児会に入会、安田靫彦(やすだゆきひこ)や今村紫紅(いまむらしこう)ら同世代の新鋭たちと研鑽を重ねました。そして大正3年(1914)、日本美術院の同人となり、以降、院の中心として活躍、昭和25年(1950)には文化勲章を受章しました。
古径は「線の画家」と称えられています。そのしなやかで張りのある描線は、古径の深い観察眼によって、人やものの命をもとらえ描き出しました。本展では素描・淡彩画20余点を含む約70点の名品を紹介いたします。清らかな魂をたたえた古径の美の世界を、どうぞご堪能下さい。
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
展覧会問合せ先
総務部
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索