タイトル等
慶應義塾 創立150年記念 未来をひらく福澤諭吉展
会場
東京国立博物館
会期
2009-01-10~2009-03-08
休催日
毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
開催時間
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1200(1000/900)円、大学生1000(800/700)円、高校生800(600/500)円、中学生以下無料
※( )内は前売/20名以上の団体料金。
※障害者と介護者1名は無料。(入館の際に障害者手帳等をご提示ください)
主催者
東京国立博物館、慶應義塾、フジサンケイグループ(主管:産経新聞社)
概要
福澤諭吉(1835-1901)は、幕末明治の激動の時代を生きた思想家として、日本の近代化に大きな足跡をのこしました。中津藩(大分県)の下級武士の家に生まれ、大坂の適塾で蘭学を学んだ福澤は1858年、23歳の若さで江戸に蘭学塾(のちの慶應義塾)を開きます。その後、欧米各国を3回にわたって訪問。その経験をもとに『西洋事情』を著し、さらに『学問のすヽめ』『文明論之概略』などにより、近代日本の進むべき道を提唱しました。また、当時の知識人がこぞって官職を求めたなかで、生涯、無位無冠の一市民であることを貫きました。たとえ「異端」と見られても、思ったことを堂々と述べる勇気と気品―福澤は、そのような姿勢にこそ、文明の進歩があると信じた思想家でした。
本展覧会は、慶應義塾創立150年を記念して開催するものです。福澤諭吉の遺品、遺墨、書簡、自筆草稿、著書をとおして福澤の先導的な思想と活動を紹介するとともに、慶應義塾ゆかりの美術品などを展示いたします。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索