タイトル等
新しき村90年
~人間らしく生きる~
会場
調布市武者小路実篤記念館
会期
2008-10-25~2008-11-30
休催日
月曜日(月曜日が休日の場合は開館、翌火日休館)
開催時間
午前9時~午後5時
観覧料
大人(高校生以上)200円/小・中学生100円>> ※市内在住の65歳以上は無料
概要
大正7年(1918年)春、武者小路実篤は「自己を生かす」「人間らしく生きる」生活と社会を実現するために新しき村を提唱し、これが当時の若者たちに大きな賛同を得て運動が急速に盛り上がり、11月には、実践の場となる新しき村が宮崎県児湯郡木城町石河内に創設されました。そして、今年、新しき村は創立90周年を迎えます。
展覧会では、新しき村の活動や生活を伝える様々な資料や写真とともに、実篤の新しき村に関連した作品、また、文学、美術、演劇など芸術活動が盛んな会員たちの作品を展示し、武者小路実篤や会員たちが求めた理想社会を実現するために、新しき村で90年間どのように取り組まれてきたかを改めて検証します。また今回は、この10年で新たに確認された資料や、当館が記録し続けてきた新しき村会員の証言映像などもご紹介します。
会期中、(財)新しき村と共催で「新しき村美術展」を、調布市文化会館たづくり南ギャラリーにて開催します。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
展覧会問合せ先
TEL 03(3326)0648
会場住所
〒182-0003
東京都調布市若葉町1-8-30
交通案内
<京王線>
仙川駅 または つつじヶ丘駅下車 徒歩10分

<小田急線>
成城学園前駅より 「調布駅」、または「神代団地」行バス、稲荷前下車 徒歩5分

<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
東京都調布市若葉町1-8-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索