タイトル等
法外な絵画 奥谷博展
会場
茨城県近代美術館
会期
2008-06-07~2008-07-21
休催日
月曜日 ただし7月21日(月曜日・祝)は開館
開催時間
午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後8時まで)
*入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般830(700)円/高大生580(470)円/小中生350(230)円
*( )内は20名以上の団体料金
*70歳以上の方は入場無料。毎週土曜日は高校生以下無料
主催者
茨城県近代美術館/東京新聞
概要
現代の洋画壇を代表する奥谷博の回顧展です。奥谷博は1934(昭和9)年、高知県宿毛市に生まれました。東京藝術大学で林武に師事し油彩画を学び、抽象絵画が時流であった当時から、一貫して具象絵画を描き続けています。大学卒業後、1964年母校の助手となってフレスコ画の制作に取り組んだことを機に、絵具を厚塗りしていた技法から薄塗の表現に転換を図りました。作品が評価され始めた1967年、第一回文化庁在外研修員としてフランスに留学し、西洋絵画を多く見て伝統を学んだ奥谷は、1971年から3年間、再びフランスに滞在して異文化として西洋の絵画の根幹に触れ、時空を超えた様々なイメージを強い色彩の対比で描く画風を確立しました。
奥谷は多くの受賞暦に加え、昨年、文化功労者として顕彰されました。この度の展覧会では、奥谷が東京藝術大学受験のために描いた「二十歳の自画像」から2007年の最新作「自画像と自寫像―LePuy」までの油彩画57点と素描による、約半世紀におよぶ奥谷博の画業を紹介します。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県近代美術館Tel.029-243-5111
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索