タイトル等
建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳
会場
東京国立近代美術館
会期
2008-06-03~2008-08-03
休催日
月曜日(7月21日は開館し、翌22日休館)
開催時間
午後10時から午後5時まで。金曜は午後8時まで
(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般420円(210円)/大学生130円(70円)
()内は20名以上の団体料金
いずれも消費税込。無料観覧日7月6日(日)、8月3日(日)
主催者
東京国立近代美術館
概要
スイスのペーター・メルクリと日本の青木淳このふたりの建築家の間に直接的なつながりはありません。けれども、絵画や彫刻を強くリスペクトしている点では共通しています。
だからでしょうか、それぞれが設計した《彫刻の家》と《青森県立美術館》という美術館は、いずれも、作品と厳しく対峙する空間を持っています。また、ふたりとも、かわいい雰囲気が大好きなのに、とてもクールな建物につくるという点でも似通っています。
本展は、そんな彼らが、頭の中にあるアイデアにかたちを与えていくプロセスに注目します。では、なにが展示されるのか?
チューリヒからは、プロジェクトとは関係なくメルクリが描く膨大なドローイングの中から選ばれた約300枚と、《ノヴァルディス・キャンパス・ヴィジターセンター》(2006年竣工)のためにつくった愛らしいスタディ模型14点がやってきます。また彼に影響を与えた彫刻家ハンス・ヨゼフソンの作品も、小品2点が特別に展示されます。そして東京からは、青木が目下設計している住宅《M》のためにつくられた100個を超えるスタディ模型がやってきます。これらのオブジェクトが空間を埋め尽くすことで、ふたりの建築家の共通点と相違点とが生々しく伝わってくることでしょう。
「建築がうまれる」とき、いったいなにが起こっているのか会場で感じていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.momat.go.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索