タイトル等
名誉県民 富永直樹展
長崎が生んだ彫刻家
会場
長崎県美術館
会期
2007-12-04~2007-12-24
休催日
12月10日(月)
開催時間
10:00~20:00(最終入場は19:30)
観覧料
一般600(500)円/大学生・70歳以上500(400)円
高校生以下入場無料
( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金です。障害者手帳保持者および介護者1名までは5割減額いたします。
主催者
長崎県美術館、長崎県、長崎新聞社
概要
平成2年に長崎県の名誉県民として顕彰された彫刻家・富永直樹(長崎市生まれ/大正2~平成18)は、東京美術学校彫刻科在学中の昭和11年に文展(日展の前身)に初入選して以来、日展を主な舞台に活躍した長崎が誇る彫刻家です。昭和25年から27年にかけ、三年連続で日展の特選を受賞するなど華々しい活躍を繰り広げたその実績は、日本芸術院会員任命(昭和49)、日展理事長就任(昭和54~58)、文化功労者顕彰(昭和59)、文化勲章受賞(平成元)などの経歴に見られるように広く認められているところです。また、あまり広く知られていませんが、昭和24年に発表された国産四号電話機やヒット商品となったプラスチックラジオSS-55(昭和27年、三洋電機)のデザインを手がけるなど、戦後のインダストリアルデザインの先駆として今日につながる産業界のデザイン的基盤形成にも大きな貢献をなしてきました。
この展覧会は、美術館ではじめて展示する大型作品も含め約50点の作品により構成されます。後進の教育のために作品は触ってもらってよいという作家の遺志を受け、来館者が作品(ブロンズ作品のみ)を手で触れることが出来る展示を行うほか、インダストリアルデザインの仕事も紹介します。この機会に、ぜひ富永芸術の魅力を堪能してください。
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp
展覧会問合せ先
095-833-2110
会場住所
〒850-0862
長崎県長崎市出島町2-1
交通案内
路面電車
○出島電停 徒歩3分
○市民病院前電停 徒歩2分

バス
○長崎新地ターミナルバス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩5分
○大波止バス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩8分
○長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行。)

JR
○JR長崎駅 徒歩15分

フェリー
○長崎港大波止ターミナル 徒歩10分


○長崎自動車道・長崎ICより 長崎出島道路経由 5分

※ 空港リムジンバス・高速バスは、出島道路経由など一部の便が停車します。高速バスは、大波止バス停のみ停車する便もあります。詳しくは各交通機関へお問合せください。
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp/
長崎県長崎市出島町2-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索