タイトル等
新春特別展示「子年に長寿を祝う」
会場
東京国立博物館
会期
2008-01-02~2008-01-27
休催日
月曜日(ただし月曜日が祝日または振替休日の場合は開館し、翌火曜日に休館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般600(500)円、大学生400(300)円
※ ( ) 内は20名以上の団体料金です。
※ 障害者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障害者手帳等をご提示ください。
概要
新春のお正月特集陳列として、本館特別1室では新年の干支である「ねずみ」にちなんだ作品を展示します。ねずみはミッキーマウスに代表される「愛らしい」「かわいい」といった感じ方もありますが、「ねずみ講」「ペスト」など、どちらかといえばマイナスイメージでとらえられることもあります。しかし、哺乳類の中でも多産であるねずみは、古来より中国・朝鮮半島を中心とした東アジアにおいて、「子宝」や「繁栄」「幸福」の象徴として人々に受け取られていました。本陳列はねずみを題材とした絵画や工芸作品を中心に、我々日本人とねずみとの関わりを示してくれる歴史資料などで構成されています。皆さんのもたれるイメージと合った作品に出会ったり、まったく意外なねずみの発見にご期待ください。
もう一つのテーマは「長寿を祝う」です。今でこそ我々は年を数える際、誕生日ごとに加齢していく「満年齢」が一般的ですが、一昔前にはいわゆる毎年正月にいっせいに加齢する「数え年」が当たり前で、一族など構成する組織・共同体全員で新年を迎えることが重要と認識されていました。
古くから公家や武家において季節ごとに種々の儀式が行われてきましたが、正月の儀礼は重要とされてきました。これらには新年を祝う=新たな年を迎えられたことを喜ぶ→その年の息災を願う→長寿を祈るといった趣旨をもつものが多々あります。本館特別2室では「長寿」「吉祥」「儀礼」などをキーワードにして、関連する作品を展示します。またこのテーマには博物館が「新春にご来館された皆様の長寿を祝う」という意味もこめられています。展示室で新しい年を迎えられた喜びを皆様に感じていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索