タイトル等
町田市立博物館所蔵-光と彫刻の芸術-ガラス
会場
大倉集古館
会期
2008-01-02~2008-03-16
休催日
月曜日(ただし休日の場合は開館)
開催時間
10:00~16:30(入館は16:30まで)
観覧料
一般1000円 大学・高校生・65歳以上800円 中学生以下無料
土・日曜日は高校生以下の生徒と引率の両親・教師無料
20名様以上の団体は100円引
主催者
大倉集古館
概要
町田市立博物館が所蔵するボヘミアングラスと中国ガラスの展示です。ボヘミアでは17世紀後半に透明度の高いカリガラスの開発に成功し、繊細な彫刻を施した斬新な高級ガラスを完成させました。そして18世紀には王侯貴族たちに受け入れられ、ヨーロッパを代表するガラスとなりました。一方中国では、玉や貴石を模した不透明なガラスを作り出し、特に清朝の時代には、色の違うガラスを二重三重に被せ、文様を浮き彫りにしたガラスが特徴とされます。西洋と東洋、この二つのガラスが織りなす、光と彫刻の芸術をご鑑賞下さい。

<主な作品展示>
ボヘミアングラス:
双頭の鷲文蓋付ゴブレット 18世紀
勝利の女神文蓋付ゴブレット 18世紀
天使鹿文蓋付ダブルゴブレット 18世紀
双頭の鷲文フンペン・グラス 1599年
狩猟文ゴールド・サンドウィッチ・グラス 18世紀
草花文タンブラー 18世紀
ほか(約60点)

中国ガラス:
黄地赤被せ楼閣文瓶 18世紀
白地青被せぶどう文瓶 18世紀
白地六彩猫菊蝶文鼻煙壺 18世紀
黄色山水人物文大鉢(一対) 19世紀
透地赤色騎馬武者文鉢 18世紀
透地青色首飾り 19世紀
ほか(約70点)
ホームページ
http://www.shukokan.org/
展覧会問合せ先
03-3583-0781
会場住所
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-10-3(ホテルオークラ東京本館正面玄関前)
交通案内
<東京メトロ>
日比谷線神谷町駅より7分
銀座線虎ノ門駅より10分
銀座線・南北線溜池山王駅より8分
南北線六本木一丁目駅より5分
ホームページ
http://www.shukokan.org/
東京都港区虎ノ門2-10-3(ホテルオークラ東京本館正面玄関前)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索