タイトル等
没後50年 川合玉堂展
会場
山種美術館
会期
2007-09-08~2007-11-11
休催日
月曜日(祝日の場合翌火曜日)
開催時間
10時~17時(入館は16時30分まで)
観覧料
一般800(600)円・大高生600(500)円・中小生無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳持参者は600円
主催者
山種美術館
概要
日本の自然や風物を、詩情豊かに表現して人気の高い川合玉堂の作品を、没後50年の節目に展示いたします。
50年前、玉堂の訃報に接した鏑木清方は、「日本の自然が、日本の山河がなくなってしまったように思う」と嘆きました。玉堂が描いた穏やかな日本の風景は、私たち日本人の多くが、どこかに置き忘れてきた日本の心を思いおこさせてくれます。
本展では、京都で望月玉泉や幸野楳嶺に円山・四条派を学んでいた頃の作品、橋本雅邦に師事した頃の狩野派の影響の色濃い作品、琳派や南画等さまざまな研究の後、晩年に至るまでを展観いたします。情趣豊かな風景画に加え、そこに生活する人々や動物を描いた作品、また書など、これまであまり紹介されていない作品も含め、当館所蔵作品の中から選りすぐってご紹介いたします。また、師である望月玉泉、橋本雅邦、弟子の児玉希望、孫弟子の奥田元宋、佐藤太清ら、ゆかりの作家たちの作品を含む約60点を展示いたします。
この度、玉堂美術館のご協力を得て、6曲1双の金屏風に描かれた≪紅白梅≫を、9月8日(土)から30日(日)まで特別展示いたします。この機会にぜひ皆様お誘い合わせのうえお楽しみいただき、川合玉堂の魅力を再発見していただければ幸いです。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.or.jp
展覧会問合せ先
03-3239-5911
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索