タイトル等
星をさがして
―宇宙とアートの意外な関係
会場
千葉市美術館
会期
2007-11-11~2008-01-06
休催日
12月3日(毎月第1月曜日は休館日)12月9日(電気点検のため休館)12月29日-1月3日(年末年始のため休館)
開催時間
10:00-18:00(毎週金・土曜日は20:00まで)
※入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般200円(160円) 大学・高校生150円(120円) 中・小学生 無料
※( )内は団体 30名以上の料金
※7階展示室で開催の「逝きし芸術家を偲んで」展と共通料金
主催者
千葉市美術館
概要
2007年10月20日、千葉市美術館近くの複合施設「Qiball(きぼーる)」内に、千葉市科学館が開館いたします。Qiballのアトリウムには直径26メートルもの巨大な球体が浮かんでいますが、この内部には科学館のシンボル施設「最新型ハイブリッドプラネタリウム」が設置されています。千葉市美術館では科学館の開館を祝し、このプラネタリウムと科学館の開館記念展「宇宙へチャレンジ」にちなんで、科学館開館記念協賛展「星をさがして-宇宙とアートの意外な関係」を開催いたします。
科学番組やSF映画を通して、現在、宇宙は身近な存在となりました。現代アートの作家たちも、星や宇宙を題材にして、多様な作品を生み出しています。本展では、千葉市美術館が所蔵する現代アートのなかから、「星と宇宙」と関連する作品を選りすぐり展示いたします。
科学館のプラネタリウムに対して、美術館でも宮島達男の大作《地の天》を展示いたします。発行ダイオードのデジタルカウンターを使って、展示室の床に星空をつくりだすこの
《地の天》。真っ暗な展示室のなかで、ランダムに散りばめた青色カウンターが1から9まで切り替わる様は、見るものに星のきらめきを連想させます。時を刻むカウンターで宇宙の広がりをあらわした、とてもスケールの大きい現代アートです。
《地の天》の他にも、月を音符に見立てた野村仁の《ムーン・スコア》や、トーマス・ルフ、草間彌生の作品も展示いたします。いずれの出品作も、既製の芸術の枠組みを超える自由でユニークな発想の作品です。星と宇宙という身近なテーマを通して、あなたも現代アートの独創性に触れてみませんか。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索