タイトル等
植草甚一 マイ・フェイヴァリット・シングス
会場
世田谷文学館
会期
2007-09-29~2007-11-25
休催日
毎週月曜([ただし、10月8日[月・祝]は開館、翌日休館)
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
観覧料
一般600(480)円 大学・高校生350(280)円
中・小学生250(200)円 65歳以上300(240)円
( )内は20名以上の団体料金
主催者
せたがや文化財団 世田谷文学館
概要
植草甚一(明治41~昭和54/1908~1979)は、昭和25年から亡くなる54年まで世田谷(北沢・赤堤・経堂)に居を構えました。早稲田大学で建築を学び、映画館勤務を経て東宝宣伝部に入社しますが、昭和23年、13年間勤務した東宝を砧撮影所の大争議を機に退社、「キネマ旬報」の同人となり、映画評論を書き始めました。以後、ジャズやミステリー、漫画、ファッションなど、同時代カウンター・カルチャーを紹介する記事を雑誌や新聞に盛んに発表し、1960年代後半から70年代にかけて若者文化のシンボル的存在となりました。

それらのエッセイは、『ぼくは散歩と雑学がすき』(昭和45年)、『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』(昭和47年)、『こんなコラムばかり新聞や雑誌に書いていた』(昭和49年)などユニークな書名の単行本にまとめられました。なかでも『ワンダー植草・甚一ランド』(昭和46)は、自分の文章やコラージュ作品はもちろんのこと、友人の和田誠・日野皓正・飯島正・丸谷才一・淀川長治らが植草甚一に寄せた文章も収録し、これまであった単行本のスタイルを一変させました。現在ではこのようなムック(magazineとbookの中間のような出版物)は珍しくはありませんが、そのさきがけとなりました。

本展では、植草甚一がこよなく愛した「映画」「ジャズ」「ミステリー」「雑学(散歩と読書)」を軸に、図書・写真・原稿・コラージュ・書簡・スクラップブックなどで構成し、今再び雑誌で特集され、あらためて20~30代の若者を中心に注目されている植草甚一の仕事と独特のライフスタイルをご紹介します。
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
展覧会問合せ先
03-5374-9111
会場住所
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
交通案内
京王線 芦花公園駅 南口から徒歩5分

小田急線 千歳船橋駅から
京王バス(「千歳烏山駅」行) 「芦花恒春園」下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
東京都世田谷区南烏山1-10-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索