タイトル等
アーティスト・イン・ミュージアム横浜2007「ユリー・ケンサク展 桃太郎ガールの冒険」
会場
横浜美術館
会期
2007-09-01~2007-09-17
休催日
木曜日
観覧料
無料
主催者
横浜美術館(横浜市文化芸術振興財団)
概要
ユリー・ケンサクは1979年、タイ、バンコク生まれ、2002年にバンコク大学美術学部を卒業後、2003年にバンコク大学アートギャラリーの新進作家選抜企画Brand Newに選ばれ、個展を開催しました。
その後数多くのグループ展への招聘をはじめ、2004年より毎年、100TONSON Gallery(バンコク、タイ)で個展を開催、2007年にはチュラロンコン大学アートセンターにて個展Love in a platinum frameを開催するなど、精力的に発表を行っています。現在もバンコクを拠点に活動する彼女は、タイのアートシーンにおいて最も注目される若手アーティストの一人です。

彼女はキャンバス、紙、アルミニウム、プラスティックや金属の器等を支持体に、アクリル絵の具やエナメル塗料などを用い、マンガのキャラクターのような大きな目と豊かな表情をもつ人物や動物を、ポップな色彩で描きます。平面作品に自作の人形やマーケットで購入したチープな日用品を組み合わせたり、装飾用のライトボックスに直接描画し、平面やオブジェと組み合わせたインスタレーションなど、様々な表現により、愛と孤独、出会いと別れ、恋する喜びと切なさ、そして人のこころのうつろいやすさといった彼女が紡ぎだす物語へといざないます。

初来日となる今回彼女は、約1ヶ月半の間横浜に滞在し、横浜美術館アートギャラリー2内の特設スタジオで制作を行います。
「桃太郎ガールの冒険(The Adventure of Momotaro Girl)」は今回の滞在制作におけるテーマです。生まれ育った街を出て、はじめての海外生活に挑む自身の姿に、日本の昔話である桃太郎の物語を重ねながら、自分の体験を通して新しい物語を描き出します。

期間中、アーティスト・トークやオープンスタジオなどケンサクの作品世界を紹介する様々なイベントを行います。また9月1日より、日本での初個展をアートギャラリー2にて開催します。

滞在期間:7月24日(火)~9月4日(火)
オープンスタジオ(スタジオ公開日):8/4、11、18、25[計4日]
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会問合せ先
045-221-0300
会場住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通案内
1. 電車
みなとみらい線 (東急東横線直通) 「みなとみらい」駅 <3番出口>から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由 徒歩3分、または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分。
JR (京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分。

2. バス
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

3. 車
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。
横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。
いずれも3~5分 (首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

4. 自転車・自動二輪車
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索