タイトル等
古玩逍遥
―服部和彦氏寄贈仏教工芸展―
会場
奈良国立博物館
会期
2007-06-09~2007-07-08
休催日
毎週月曜日
観覧料
一般500(400)円 高大生250(200)円 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名無料
( )内は20名以上の団体、中学生以下の子どもと一緒に観覧される方、開館時間延長日の午後5時以降、の料金
主催者
奈良国立博物館
概要
服部和彦氏は静岡県在住の実業家で、30歳代半ばより古美術の世界に強く惹かれ、収集を行うようになりました。氏の古美術収集に大きな転機が訪れたのは、元奈良国立博物館館長の石田茂作氏との出会いでした。それ以後服部氏の収集は体系的に行われるようになり、中でも最も強く惹かれていた密教工芸〔みっきょうこうげい〕の分野では壇具〔だんぐ〕の主要な法具を網羅するまでに成長し、川端康成旧蔵の金銅三鈷杵〔こんどうさんこしょ〕のような著名な作品を所蔵するまでになりました。
このたび、奈良国立博物館は服部氏より仏教工芸を中心に60余件のコレクションの寄贈を受けました。その中には前述の金銅三鈷杵のほか、かつて五種鈴〔ごしゅれい〕を構成していた金銅独鈷鈴〔こんどうとっこれい〕・三鈷鈴・宝珠鈴〔ほうじゅれい〕、高麗時代の銅五大明王五鈷鈴〔どうごだいみょうおうごこれい〕といった貴重な作品も含まれています。
また、金銅金剛盤〔こんどうこんごうばん〕や白銅五鈷鈴のように銘文を有する作品もあり、資料的にも価値の高い品が少なくありません。密教法具以外にも鏡像〔きょうぞう〕、懸仏〔かけぼとけ〕、舎利容器〔しゃりようき〕、瓦経〔がきょう〕、仏像なども見ることができ、服部氏が広い視野で仏教美術を見つめていたことが伝わってきます。
「古玩逍遥」展は寄贈品の中から仏教工芸40件、彫刻3点、考古品6件を展示するものです。服部和彦氏が逍遥された仏教工芸の世界をたどりながら、鑑賞の楽しみを発見していただければ幸いです。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤルサービス:050-5542-8600
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索