タイトル等
熊田千佳慕展
~花、虫、スローライフの輝き~
会場
目黒区美術館
会期
2006-06-24~2006-09-03
休催日
月曜休館(ただし、7/17[月・祝]は開館、7/18[火]休館)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
観覧料
一般900(700)円 大高生・65歳以上600(400)円
中小生無料 心身障害者の方は半額
( )は20名以上の団体料金
同時開催「山名文夫と熊田精華展」との共通料金
主催者
目黒区美術館
概要
熊田千佳慕(くまだちかぼ 1911生まれ 95歳)は、第二次大戦前デザイナーとして、また戦後を絵本作家、昆虫や花を描く美術家として活躍を続けてきました。詩人・熊田精華は実兄で、その親友である山名文夫に千佳慕はデザイナーとして師事しました。東京美術学校在籍中の1934年に日本工房に入社。中心的なデザイナーだった山名が退職した後を継いで、海外向グラフ誌『NIPPON』のレイアウトなどを担当しました。
戦後は、絵本「不思議の国のアリス」を描いたのをはじめ、現在まで色彩豊かで緻密な昆虫や花の作品を数多く制作しています。フランスでも「プチ・ファーブル」という愛称で呼ばれ、ファーブルの昆虫記シリーズを描き続けています。 1998年には「福原義春サクセスフルエイジング対談 花と語り、虫と遊ぶ」(熊田千佳慕・福原義春 求龍堂)が刊行されました。
本展では、日本工房での仕事や絵本の原画、水彩画を中心に約300点で熊田千佳慕のこれまでの足跡をたどります。時代に流されず、深く優しいまなざしで生命を見つめる作家の姿をごらんください。
ホームページ
http://www.mmat.jp/
展覧会問合せ先
03-3714-1201
会場住所
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
交通案内
【電車をご利用の場合】
○「目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約10分)
○「中目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約20分)

【バスをご利用の場合】
○東急バス「権之助坂」停留所をご利用の場合 (徒歩約5分)
○東急バス「田道小学校入口」停留所をご利用の場合 (徒歩約3分)
ホームページ
http://www.mmat.jp/
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索