タイトル等
ジブリの絵職人 男鹿和雄展
トトロの森を描いた人。
会場
東京都現代美術館
会期
2007-07-21~2007-09-30
休催日
月曜日(ただし8/13.9/17,9/24(月)は開館。9/18,25(火)は休館)
観覧料
大人・大学生1100(1000)円 中高生900(800)円
小学生600(500)円 小学生未満は無料
( )内は前売・20名以上の団体料金
常設展も併せてご鑑賞頂けます
主催者
財団法人 東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
日本テレビ放送網
概要
トトロ、おもひでぽろぽろ、ぽんぽこ、もののけ姫―。
スタジオジブリ作品の名シーンを生み出した、その迫力の技を目の前にする。

男鹿和雄(おがかずお)。「となりのトトロ」、「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」、「もののけ姫」らスタジオジブリ作品において美術監督を務め、「ハウルの動く城」など最近の作品に至るまで、主人公たちがいきいきと動くその舞台を描き続ける、アニメーション美術の第一人者。

このたび、スタジオジブリ、および三鷹の森ジブリ美術館の協力を得て、これまで資料として保管され外部で観られることがなかった、男鹿和雄が描いた背景画を中心とするオリジナルのアニメーション美術作品を、500点以上というかつてない規模で公開できることとなりました。その他にも、ジブリ作品に関わる以前の絵や、女優吉永小百合による原爆詩の朗読会「第二楽章」シリーズの為の挿絵など、“絵職人”男鹿和雄の現在に至るまでの幅広い活動領域を一度に観ることが出来るまたとない機会です。

今夏、東京都現代美術館に集まる、あの名シーンの数々。「本物」が語りかけるメッセージに、ぜひ心で触れてください。
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
交通案内
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

「木場」「菊川」駅のほかにも、「錦糸町」「東京」「とうきょうスカイツリー」「押上」「秋葉原」「新橋」「葛西」「豊洲」駅などから都営バスでもお越しになれます。

お車でお越しのお客様
首都高速9号深川線「木場」出口から約5分「枝川」出口から約10分です。

駐車場について
台数:約100台 / 福祉車両専用スペースあり
料金:普通車 1時間300円 (以降30分ごとに150円)
大型バス 1時間1000円 (以降30分ごとに500円)
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索