タイトル等
夜明け前 知られざる日本写真開拓史Ⅰ.関東編
―市重要文化財がやってくる!日本で撮られた最初の写真―
会場
群馬県立館林美術館
会期
2007-06-30~2007-09-09
休催日
月曜日(7月16日、8月13日を除く)、7月17日(火)、8月7日(火)
観覧料
一般500円(400円)、大高生250円(200円) ※( )内は20名以上の団体割引料金 ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催者
群馬県立館林美術館、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会
概要
現在までに発見されている日本人を被写体とした最古の写真は、栄力丸という船に乗って漂流しアメリカの商船に救出された人々を写したものです。また日本で撮影された最古の写真は、ペリーに同行して黒船でやって来た写真師エリファレット・ブラウン・Jrが写したもので、日本国内に現存する物は国の重要文化財に指定されています。本展では、同じく重文に指定されている今はなき江戸城を記録した写真(東京都江戸東京博物館蔵)など、関東地方の美術館、博物館に所蔵・寄託されている幕末・明治の写真をご紹介します。 展覧会は「であい」「まなび」「ひろがり」の3章構造になっています。日本人が被写体として写真と「であい」、開明的な藩主や科学者たちがその技術を「まなび」、ほぼ同時代に誕生した営業写真師たち、もしくは彼らが撮った写真が地域的にも内容的にも「ひろがり」を見せる。本展では写真の「開拓史」の中でのそうした展開を、良く知られた名品と、大学付属の博物館施設など所蔵のこれまであまり知られていなかった作品でたどります。 下岡蓮杖、フェリーチェ・ベアト、小川一真といった当時の日本の写真界を代表する写真師から、群馬県高崎市で活動した写真師の写真まで、幅広く揃う豪華なラインナップです。被写体としては徳川十五代将軍徳川慶喜、近藤勇、福沢諭吉といった有名人も登場する計300点以上(途中展示替えあり)の作品で、近代的芸術表現という「夜明け」を迎える以前の日本写真史の、知られざる側面をご覧ください。 ※併せて新収蔵作品を中心にコレクションを展示します。
ホームページ
http://www.gmat.gsn.ed.jp/
展覧会問合せ先
Tel.0276-72-8188
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索