タイトル等
きせると櫛かんざし展
-男の粋・女の洒落-
会場
掛川市二の丸美術館
会期
2007-02-10~2007-03-25
休催日
毎週月曜日(2/12は開館、2/13、3/22は閉館)
開催時間
午前9時~午後5時まで(入館は4時30分まで)
観覧料
一般200円 小・中学生100円
毎週土曜日は小・中学生無料
20名以上の団体は2割引
身体障害者手帳等を所持する方とその介護者は無料
概要
きせるは喫煙という行為に欠かせないたばこ道具のひとつであり、喫煙具の中でも最も古い歴史をもつ烽フでもあります。江戸・明治期においては単なる実用品にとどまらず、様々な加飾が施された装飾品の役割も果たしました。
一方、きせると同じく女性の装飾品として持てはやされたのが櫛かんざしです。結髪が主流であった江戸時代においては、櫛は髪を梳くだけのものでなく、結った髪を飾るアクセサリーとして人気を博しました。きせると櫛かんざしは庶民文化の中にあって、自己を表現するひとつの道具であり、小さいながらも個性が凝縮された装身具であったといえます。
今回の展示では、島田市博物館所蔵の櫛かんざしと当館所蔵のきせる、たばこ入れを展示いたします。双方を対比しながら人々の粋な洒落心と小さな装身具に盛り込まれた職人技の数々をご覧ください。
ホームページ
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/kanko/center/BIJYUTUKAN_3.html
展覧会問合せ先
掛川市二の丸美術館 0537-62-2061
会場住所
〒436-0079
静岡県掛川市掛川1142-1
交通案内
公共交通機関
掛川駅バス乗り場⑥番より 掛川バス居尻線または、倉真線に乗車、北門バス停下車徒歩1分

お車
東名高速道路 掛川I.Cから車で10分 美術館用駐車場はありません。
ホームページ
http://www.kakegawa-artpark.com/ninomaru/
静岡県掛川市掛川1142-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索