タイトル等
ふくやま美術館コレクションへの旅 美をもとめて
-岸田劉生から横尾忠則まで-
会場
川越市立美術館
会期
2007-01-27~2007-03-25
休催日
月曜日(2/12は開館)、2/13(火)2/23(金)、3/23(金)
開催時間
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般500(400)円 大・高生350(280)円
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、障害者手帳持参の方は無料。
主催者
川越市
概要
ふくやま美術館は、1988年11月に開館し、20年近い年月の間、特色ある展覧会や教育普及の活動を続けながら、国内外の優れた作品の収集、公開をおこなってきました。現在、約2000点にのぼる所蔵作品の3分の2以上は、日本の美術が占めており、地域の関連作家の作品と、近現代美術が中心となっています。
本展では、その所蔵品より、明治期から現代までの日本の絵画、版画、写真を中心とした名品およそ100点を選び、「女の面ざし」「流れる時の中で」「〈ショップ〉を覗く」「からだのイメージ」「海景」「劇場」の6つのテーマに分けて展示します。
ホームページ
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/genre/0000000000000/1000000000123/index.html
展覧会問合せ先
文化スポーツ部 美術館 担当 049-228-8080
会場住所
〒350-0053
埼玉県川越市郭町2-30-1
交通案内
◎東武東上線・JR川越線(埼京線)「川越駅」から

●西口2番のりば 「小江戸巡回バス」で「博物館美術館前」下車
(所要時間 20分)

●東口3番のりば 「小江戸名所めぐりバス」で「博物館」下車
(所要時間 20分)

●東口7番のりばから 東武バス「川越運動公園/埼玉医大/上尾駅西口」ゆき「市役所前」下車 徒歩5分

●東口1・2・4・5・6番のりばから 東武バス「蔵のまち」経由で「札の辻」下車 徒歩8分

◎西武新宿線「本川越駅」から

●「小江戸巡回バス」で「博物館美術館前」下車 (所要時間 15分)

●5番のりばから 東武バス「川越運動公園/埼玉医大/上尾駅西口」ゆき「市役所前」下車 徒歩5分

●5番のりばから 東武バス「蔵のまち」経由で「札の辻」下車 徒歩8分

※「川越市自転車シェアリング」も便利です。(ポート03「初雁公園」)
ホームページ
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/
埼玉県川越市郭町2-30-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索